上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --:--|
エセホルガ
君が来るのを待ってたの

自分がどれだけ無知なことを思い知らされるわけです

「誰かを助けたい」とか「何かしてあげたい」とか
奉仕心丸出しでどこまでが親切でどこからが自己満足なのか
時折不安になるときがあります

困っている人たちを助けようと思った
せめてこんな時こそ資格を生かせたらと思った
行動しなきゃ思ってないのと同じだと思った
ニートだからできると思った
だけど所詮はニートなのだ
お金をかけて現地へ行って、無償で働いて、寝泊まりするとこ探して
それで?それでどうするの?

「どうしてそう思ったの?」の質問が昔っから苦手です
「そう思ったから」が理由にならん世の中

だけど海外にやっぱり行きたい 
でも別に語学勉強を極めたいわけじゃない
何かのために英語ができたらいいなって思う
その‘何か‘が分からなくて困ってる
「目的がないんじゃ意味ないよ」
それもまた違う気がする
言葉の壁があるのも分かってる
アメリカがよかったと言ったって、
イノナカノカワズだってことも充分分かってる
彼処は所詮、夢と魔法の国の中


色々難しく考え出す時はたいてい生理が来ます
はよ来い

心配してくれる人がいます
それがなによりも救い
スポンサーサイト
 17:24| Comment:0 | TrackBack:0
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。